browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

飲みにくい青汁から飲みやすい青汁になるまで

今では、青汁は健康に良い飲み物として全国的に知られていますし、多くの人が飲んでいるようですが、もともとは九州地方で健康に関心のある人だけに飲まれていたマイナーの飲み物だったそうです。

あまり知られていなかった青汁が全国的に知られるようになったのは、青汁のあまりの不味さのために、バラエティー番組の罰ゲームに使われるようになったためだったそうですが、そのために健康には良いけれど、飲みにくい飲み物の代表のように扱われていたように思います。

ですから健康に気を使って、不味くても無理をして飲み続けようとする人も増えていったようですが、やはり飲みにくいままでは、長続きする人は限られていたように思います。

ただ、その後に少しずつ工夫されて飲みやすい青汁も作られるようになったようです。

現在は、飲みやすい青汁がいろいろとできてきたおかげで、それまでは長続きしなかった人も飲み続けられるようになってきて、一般に広く飲まれている健康飲料のひとつになってきているようです。

青汁は、そのルーツを探ると日本最古の医書にも、それに関する記述が存在するほど古い歴史があるものだそうです。

今の青汁の原型と言えるものは、戦前から戦後の食糧難の時代に栄養不足を補うために考えられたそうですが、当時は栄養不足を補うことが目的でしたから、その味にまでは考慮が払われていなかったようです。

また使われる葉もその時に手に入りやすいものが中心で作られていたようですから、当然味のことは考慮する余裕などは全くなかったと思います。

今はいろいろな原料を使ったり、飲みやすくなるように他の成分を加えたりするなど、いろいろな工夫がされていて、飲みやすい青汁が何種類もできているようですが、そうなるまではかなりの時間がかかったようです。

飲みやすい青汁について情報はこちらのサイトがわかりやすく説明してくれているように思います。

飲みやすい青汁のことならここ!

青汁のような健康飲料は毎日のように飲まないと効果が得られないと思いますから、自分が飲みやすいと思う青汁を選ぶことが大事になってくると思います。


© 2015 飲みやすい青汁で健康を目指す